WANDERING IN DOWN UNDER

moonwatcher's dialy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12/12-12/18 トラムに乗って

12/12(wed)
Melbourne day2


Melbourne滞在二日目。
トラムに乗って街に出よう。
行き先はCity。それ以外は何も決めない。

午前中は、キャラバンでのんびり。
そして昼前に出発。

初めての人間には何もかもが非常に難しいMelbourneのトラムに乗りCentralを目指す。
そして車内の券売機が壊れていてただ乗りができた。
ラッキー!

1212-1.jpg


一銭もかからずにMelbourne中心部へ。
まずは街のど真ん中、Federation Squareに行く。
綺麗でござっぱりとした建物だが、人が多かったのでここはすぐに退散。

1212-2.jpg


ネットカフェで溜まっていた、メールとブログを処理。
その後、お洒落なカフェが立ち並ぶFlinders Laneでカフェをしようと思ったのだが、
既に夕方5時過ぎになると、どこもディナーに様変わりをしていて、
コーヒー一杯だけ頼める雰囲気ではなかった。
そんなわけで小心な自分は次の機会に。

1212-3.jpg


そして街をぶらぶらと徘徊。
Melbourne Central等を見てまわる。
ここMelbourneでついに発見、24時間営業のColesを見つけた。
さすが大都会。

そして何故かVictoria州だけ"WOOLWORTHS"ではなくて、"SAFEWAY"なのが面白い。
でも"WOOLWORTHS"の方がはるかにネーミングがいいんだけど。

1212-4.jpg


夕飯は久々に日本食レストランに入ってカツカレーを食べた。
でもねー、カツカレーで$16ってちょっとぼってない?
味は日本で食べるカツカレーと変わらなかったけど。


1212-5.jpg

図書館で見つけた「AKIRA」の英語版。日本じゃ見たこと無かった。欲しい


12/13(thr)
Melbourne day3


午前中は二度寝したりとキャラパーでボケッとしていた。
午後は近くのIGA等に行って食料の買出し。
何をしようかなと思っていたらもう既に夕方だった。
じじぃかも。

1213-2.jpg


そして夜、車の振動する原因をもう一度確かめようと夜の街をドライブ。
しかしこれがまた振動がしなくなっているんだな。
どうやってもでなくなっている。
ということで、車の振動の件は無かったことにし闇に葬り去ることにした。
幸運だとは思ってはいない、もちろん。

そのまま何となくMelbourneの国際空港まで行ってみた。
夜の空港は綺麗なので昔から好きだった。
一番好きな所は、首都高速の湾岸線から見る羽田空港。
ここから見る景色は本当に幻想的。
でもMelbourne国際空港もなかなかだと思う。
そして市内中心部に引き返す。
しばらく都心部を走った後、キャラパーに帰宅。
そしてとっとと寝る。


1213-2.jpg

夜のMelbourneをドライブ。結構みんな、飛ばす飛ばす


12/14(fri)
Melbourne day4


今日もトラムに乗って街に出てみた。

1214-1.jpg


先日できなかった、カフェストリートでコーヒーを飲んでみた。
もうこれだけで今日は言うこと無しである。
Melbourneでやりたかったことは実を言うとこれだけ。

そして今現在、オーストラリアで唯一なはずの文化遺産での世界遺産登録、
(だと思う、Sydneyのオペラハウスはもう登録されたんだっけ?)
Royal Exhibition Building and Carlton Gardensに行ってみる。
外観だけ見たが、唯の古い建物な気がする。
丸の内にあった取り壊される前の旧丸ビルと同じな気が。
うーん、といっても法隆寺とかもただの建物だしな。
ここも後800年ぐらいしたらあじが出るのかも。

1214-2.jpg


そしてFitzroyにあるBrunswick Stに行った。
ここは非常に面白い、かつファッショナブルなショップが並んでいて気に入った。
東京で例えるとすると、表参道の裏道界隈みたいな感じだけど、わかる?
ここでチョコレートカフェで一杯。

1214-3.jpg


そして夜の中心地を散策。
Yarra River側越しに見る、中心の夜景が綺麗だ。

1214-4.jpg


あまり真っ直ぐに歩けないぐらいのかなりの人の賑わい。
色々と歩き回っていたら、いつの間にか既に11時になっていた。
中心地からキャラパーまでトラムだと1時間半かかる。
時間もいいことなのでこのへんで帰宅。


1214-5.jpg

Brunswick St, Melbourne, VIC


12/15(sat)
Melbourne day5


朝から雨。
これがメルボルンウェザーというやつか?
午前中は、ひたすらしこしこと日記書き。

1215-1.jpg


午後、キャラパーから近いCobergに行く。
Melbourneはアラブ人が多い。
そしてここ、Cobergはアラブ人街という感じがする。
アラビア語もいたる所に。
この辺をしばらく散策。
何となくぶらつくにはいいかもしれないが、本格的にというほどでもない。

Melbourneでの総走行距離:74Km


1215-2.jpg

Coburg, Melbourne, VIC


12/16(sun) Melbourne - Shepparton

MooroopnaでピッキングをしているTokiに会いに行く。

午前10時頃にキャラバンパークを出発。
Fitzroyで買い物とお茶をしてから、Victoriaの内陸Mooroopnaに向って車を走らす。
長閑な田園風景がしばらく続いた後、約2時間半でMooroopnaに到着。

MooroopnaのTokiが住んでいるキャラパーに泊まろうとして、
レセプションに行って聞いてみると、なんと満杯とのこと。
嘘だろ、あんた。
実際中に入ってみると芝生のサイト、ガラガラじゃん。
でもしょうがないので、他のステイ先を探すことに。

1216-1.jpg


Mooroopnaには結局キャラバンパークが無かったので、
隣町のSheppartonのキャラバンパークに宿泊することに。
食べ放題の中華を食べ、
Sheppartonのキャラバーに戻ってお喋りや写真を見せていたら、
いつの間にかもう夜10時半に。
明日は朝の4時半起きで仕事だそうなので、
彼女をMooroopnaのステイ先に送り届け、本日は就寝。

外の温度計を見たら16℃。
夏なの? と思わせるような気温。

本日の走行距離:256Km


1216-2.jpg

Sheppartonの中心地、なにか物悲しいトナカイの群れ


12/17(mon) Shepparton - (SPIRIT OF TASMANIA)

この日発のTasmania行きのフェリーのチケットを買っていたので、
Melbourneに本日はとんぼ返り。

3時頃Melbourne着。
市内をうろつくにしては中途半端な時間なので、
フェリーの出航するStation Pierに行くことに。

そしてTasmania行きのフェリー"SPIRIT OF TASMANIA"へ
かなりの豪華客船。
10階建てて、中にはバー、カジノまである。
もちろん行けないけど。

1217-1.jpg


20時に出航。
一晩かけて翌朝、TasmaniaのDevonportへ。
ふらふらとぶらついた後、やることも無いので日記書き。
気がつくと12時を過ぎていた。
飛行機の席を、ちょっと良くしたような席で本日は就寝。
まあまあの寝心地。

明日からはもう一つの旅のハイライト、Tasmania。
とても楽しみ。

本日の走行距離:205Km


1217-2.jpg

Station Pier, Melbourne, VIC


12/18(tue) (SPIRIT OF TASMANIA) - Cradle Mt / Lake St Clair National Park

朝の7時、Devonportに到着。
着いた最初の感想、「Tasmania、寒い」
しかし船から見るこの街は、かなり綺麗だ。
いい予感がする。
ここの税関で検疫を受けるも、それほど厳しくはなかった。

1218-1.jpg


Devonportの中心地でしばらく休んだ後、壁画の町、Sheffieldへ。

このSheffieldは壁画で町か多い尽くされている。
なんでも地元の青年集団が町おこしの為に考えついたアイディア。
実際、若者の流出が止まらなかったこの町では、これで人の流出が止まったらしい。
そしてここの壁画がなかなか興味を誘うものが多かった。
主に地元の景色を扱ったものが多いのだが、年に一度、壁画コンクールも開かれるみたいなので、
その時に訪れてみたらなかなか面白いかもしれない。

1218-2.jpg


しばらくSheffieldの町中をポチポチと歩き回った後、
Tasmania世界遺産の中核、Cradle Mountain / Lake St Clair National Parkへ。
まずは大好きな写真家、相原正明さんの写真展「風林光山」が
ここWilderness Gararyで開かれているので、そこに訪れてみた。
本当に素晴らしい写真の数々。
写真を写心と言う方なので、
こんな写真を撮るには自分なんて心構えから直さないと駄目なんだろうな。

1218-3.jpg


そして公園の入園料をビジターセンターで支払い、Dove Lakeに行く。
ここから見るCradle Moutain、絵葉書をそのままにした半端ではない美しさがある。
とてつもなく綺麗な景色が眼前に広かる。
凄い。ここの景色には本当に魅せられてしまった。

1218-4.jpg


そしてRonny Creekでウォンバットを発見。
こいつらも、一般的なオーストラリアの動物と同じく、ひたすら食っている。
オーストラリアの動物は近づいても一向に逃げる気配が無く食ってばかり。
誰でも簡単に捕まえることができる。
天敵がいないと本当お気楽に生きていけるのではなかろうか。
これは人間社会でも言えることかもしれない。

1218-5.jpg


そしてWaldheim & Weindorfers Forest Walkという森の中の散歩道を歩いてみる。
太古からの森の雰囲気がするとても神秘的な森。
ここを歩いていると、心が洗われる気がする。
こんなところを歩けると思っただけ、Tasmaniaに来た甲斐がある。

1218-6.jpg


標高1000m以上あるこの辺は日中でもかなり冷える。
こんな所でテント張ったら凍死するでしょ!
ということで、宿泊施設はインフォメーションセンター近くのYHAに泊まる。

夜中、外に出てみたら思いっきり寒い。
10度近くまで下がっているのではないだろうか。
もちろん室内では暖炉が灯っていた。

本日の走行距離:141Km


1218-7.jpg

Sheffield, TAS
スポンサーサイト
  1. 2007/12/26(水) 18:32:42|
  2. 旅行記 AUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<Melbourne snap | ホーム | The Grampians NP snap>>

コメント

僕らが行った頃とあまり気温変わらなそうですね。
懐かしく日記読ませてもらいました。
  1. URL |
  2. 2007/12/26(水) 23:22:06 |
  3. ミッシー #-
  4. [ 編集]

こないだ帰る前電話くれてありがとーがくさん!!
タスマニア楽しんでる??モールズクリーク?の近くにいい動物園あるからよかったら行ってみて!
写真素敵やわ!
  1. URL |
  2. 2007/12/27(木) 18:41:36 |
  3. hiro #-
  4. [ 編集]

>ミッシー
えっ、そうなの?
寒いよ、夏なのに。
この前Cradle Mtでは横殴りの雪が降ったそう。
で、自分は西海岸で雹が降ってきた…

>hiro
無事に帰れた?
Moles creakの動物園ね、了解。行ってみる。
素敵な写真はミッシー師匠のおかげなのだ。

しばらく日本を堪能してください!
そして…、フフフ。
  1. URL |
  2. 2007/12/28(金) 16:05:06 |
  3. moonwatcher #-
  4. [ 編集]

Cradle Moutainは、たしか1年で晴れの日が80日くらいしかないと聞いたことがあります。わたしも2回行ったんですが(3月と4月)、どちらも雨でした。さらにOverlandという5泊6日かけてLake St clairとCradle Moutainの間を歩くトレッキングもしたんですがその時も5日間雨でした。なので2ヶ月もタスマニアにいたのに、Cradle Moutainの写真がありません…。Gakuさん、ラッキーですね!!ウォンバットも走って逃げられたので(めっちゃ走るの速いんです)写真撮れませんでした…。ウォンバット、かわいいですね…(T▽T)

  1. URL |
  2. 2007/12/28(金) 16:42:49 |
  3. かちゃら #5o3Gq.nI
  4. [ 編集]

>かちゃらさん
自分が行った時は、雨、曇り、晴れが数時間ごとに変わる毎日でした。
本当に変わりやすい天候ですよね。
そしてかちゃらさん、Overland Treckingに行ったんですか?
羨ましいです。ここに来て初めてそんなコースがあったのを知ったのですが、
生憎とそんな装備を持ち合わせていなく行くのを断念しました。
今度ここに来た時は、ぜひとも行ってみたいですね。

この写真のウォンバットは全く近寄っても逃げなかったのですが、
(本当に食べるのに夢中で、「お前無防備過ぎだろう!」という感じで)
次の日の夜に会ったウォンバット君はとても素早くてビックリしました。
確かウォンバットも夜行性でしたよね?
  1. URL |
  2. 2008/01/02(水) 18:47:06 |
  3. moonwatcher #-
  4. [ 編集]

久々に

AUS旅してますね~v-195
メルボルンは俺も3日位居ました。
フリンダー駅☆
トラムは市内巡回してるのは無料ですよv-15
Royal Exhibition Building and Carlton Gardens デカイ。
車でグレートオーシャンロード行きましたぁ~?!
あと、フィリップアイランド(フェアリーペンギンが居るところです)

タスマニア行きの船かなり豪華?!?!?!
寒そう~。
ウォンバット・・いのしし。。。。似てるかもw


  1. URL |
  2. 2008/01/03(木) 09:00:57 |
  3. kazu #-
  4. [ 編集]

>kazu
久しぶりに訪れてくれて感謝!
調子はどう?

市内循環トラムってタダだったんだ。
知らなかった…。
30分ぐらいかけてひたすら歩いてた。

Great Ocean Rdは行ったよ。
ちょっと途中で飽きてまあまあってとこかな。
詳しくは前の日記を見て ⇒「12/5-12/11 青い空、映える奇岩とコアラ」
それからフィリップアイランドは行ってないよ。

"Spirit Of Tasmania"は豪華客船。
高いキャビンだと700、800ドルぐらいします。
そして一流レストランとかも船内にあってブルジョアにはたまらないと思う。
自分みたいな貧乏旅行者はお呼びでないですが。

Tasmaniaはようやく暖かくなってきた感じ。
でも基本は寒いので来るのであれば防寒着で来ましょう。
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 09:20:57 |
  3. moonwatcher #-
  4. [ 編集]

Overlandは当時の地球の歩き方にも載ってなかったんですが、
バッパーには登山用品のレンタルがあって、ワーホリの子達がグループを
組んだりして気軽に挑戦してたんです。結構きつかったのですが、
ワーホリ後、そのままNew Zealandにトレッキングに行ってしまうほど
はまってしまいました!

ウォンバットは夜行性のはずですが、昼間でも全力疾走してました。
見かけからは想像できない速さですよね!
  1. URL |
  2. 2008/01/12(土) 15:45:37 |
  3. かちゃら #5o3Gq.nI
  4. [ 編集]

>かちゃらさん
なるほど、そうなんですね。
今度来た時はぜひともOverlandトレッキングに行ってみたいです。
  1. URL |
  2. 2008/01/14(月) 13:45:34 |
  3. moonwatcher #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moonwatcher.blog80.fc2.com/tb.php/84-96f5a1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moonwatcher

Author:moonwatcher
気がついてみたらドロップアウト。
1年4ヶ月間、オーストラリア・ニュージーランド放浪をし、日本へ帰国。
さあ、明日はどこに行こう?

感謝のお便りは:esesplash@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。