WANDERING IN DOWN UNDER

moonwatcher's dialy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10/10-10/16 ハエと湿気とビラボンと

10/10(wed) Watarrka National Park - Alice Springs

KanaeがAlice Springs発午後2時半の飛行機に乗って帰るので、
朝6時前に起床して7時前出発。
眠い。
しかし朝はまだ涼しく、走っていると風がひんやりとして気持ちいい。

と思いきや、9時過ぎには既にいつもの猛暑。
サウナ状態の車を走らせながら午後1時前、Alice Springsに到着。
一旦、Hungry Jacksでソフトサーブを食べた後、
空港に彼女を送り届ける。

1010-1.jpg


その後、Minaと二人で久々に快適な寝床で過ごしたいということになり、
冷房が効いていそうなバッパーに宿泊。
ここが大当たりで、すごく綺麗で快適なところだった。

お昼寝をした後、夕方、街を散策。
アポリジニの子供にたかられたりしながらもメインストリートをぶらつくが、
30、40分で暑くてへばり冷房が効いているショッピングセンターに逃げ込む。
ここでMinaの友達Rieと落ち合い、3人で食事。
彼女が泊まっているバッパーは夕食が5$ということで行ってみたら、
結構美味しかった。
$5でもあなどれがたし。
話を聞いていると彼女、銀行残高が$57とのこと。
なのに平然と旅をしているところが凄い。
このぐらいの度胸で自分もいきたい。
まだ人から見習わなければならない事はたくさんある。
帰バッパー後、いつの間にか11時頃寝ていた。

本日の走行距離:542Km


1010-2.jpg

Alice Springs市内

10/11(thu) Alice Springs - Wycliffe Well

9時頃起床。
10時のグレイハウンドのバスでCoober Pedyに向うMinaを見送った後、
2時間ほどブログの更新等ネット。
その後、当分食べれないであろうマックを食べて、Alice Springsを2時前に出発。

1011-1.jpg


そしてひたすら暑い中を行き来た道を今度は逆方向に。
反対方向から見ても当然何もない。
出発した時間が遅かったせいか、Wycliffe Wellに着いたのが午後6時過ぎ。
今日はここで一晩を過ごすことを決める。

UFOキャピタルというだけど、結構ツボにはまったのだが、
ここのロードハウスに併設されているキャラバンパークもなかなかキッチュ。
色々な人を真似た人形があったり、誰も行かないであろう高見台があったり。
そしてミニSLもあった。今は動いていないであろうけど。
どうしてこんなところに汽車を作ったのであろうか?
もちろん宇宙人もいたる所に。
ここのオーナーはなかなかの趣味人だ。

一昨日作った残り物のカレーを食って腹を下す。
11時頃、床に着く。

本日の走行距離:381Km


1011-2.jpg

Wycliffe Wellのエルビスか?


10/12(fri) Wycliffe Well - Daly Waters

朝8時頃起きて出発。
途中再びDevil's Marblesに寄って、
行きとは違うところを見学。
相変わらず面白い。ここは何度も着てもよさそうな場所だ。

そしてTennant CreakのRed Roosterで1時間半ほど暑いので休憩。
ここのBBQ味のポテトが結構好き。

そしてThree Waysを超えて、いざDarwin方向を目指す。
もうおなじみのブッシュをひたすら北上していると、
途中道沿いでブッシュファイアに遭遇。
こんな間近で燃えているのに、消火活動もしないし、ましてや通行止めにもしない。
燃えるに任すのみみたいだ。
きっと誰も困らないのであろう。

1012-1.jpg


そして夕方6時頃、名前に惹かれて一泊することに決めたのが、Daly Waters。
ここはパブに併設されているキャラパーだ。
これが大当たり、穴場的お勧めスポット。
キャラパーは良く言えば味がある、悪く言えばまあ汚いのだが、
パブが面白い。
店の中には、お客さんが置いていった、要らなくなった紙幣、免許書等の証明書が至る所に。
そして上には数え切れないほどのブラジャー、パンティーがいっぱい吊らされている。
このブラジャーとパンティーはもちろんお客さんの使用済みのもの。
かなりファンキーだ。

隣にテントを張っていた、オージーのジェシカ、イギリス人のマリーと仲良くなって、
夜、このバーで飲むことに。
特にマリーとは意気投合して店員を巻き込んで深夜2時まで飲んでいた。
彼女、Perthまで行くそうだが、途中のルートが一緒。
またどこかで会おうねといって、テントに戻って就寝。

本日の走行距離:542Km


1012-2.jpg

超穴場スポットだったDaly Waters Pub


10/13(sat) Daly Waters - Katherine

朝9時頃起きたが、二日酔いでゲロゲロ状態。
昨夜、ビール5杯、ワイン2杯飲んだから。
この旅の途中はほとんどお酒は入れていないので、酒に弱くなっている。
午前中はボロボロ、近くのロードハウスでずっと休憩していた。

そして12時前にようやくKatherineに向けて出発。
景色を見ると大部変わってきた。
結構樹木が茂っていて、熱帯っぽくなってきた。

3時間ほど走った後、Katherineの一つ手前の町、Matarankaで休憩したが、
ここの木がすごかったので一枚パシリ。
ただ木の名前がわからない、調べてくればよかった。

1013-1.jpg


そして3時半頃、Katherinieに到着。
MatarankaでTatsuから電話が入っていたので、電話してみる。
丁度Woolworthesの目の前にいたので、すぐに落ち合えた。
約4ヶ月ぶりの再会だが、髪が伸びていてちょっとファンキーになっている。
でも話してみると変わっていない印象を受けてよかった。
いや、当然成長はしているのだけれど。いい意味で変わっていないということ。
そして、他のGold Coast組、Motoki、Izumi、Nobu、Risa、そして彼らの友達のMihoと出会う。
彼らとはGold Coastを出て以来だから、3ヶ月、4ヶ月ぶりだろうか。
久々に会う友達と出会うと話がやはり弾む。
楽しい一時を過ごす。

そして夜は彼らのファームの打ち上げBBQに参加させてもらうことに。
ちょうど昨日でメロンの収穫で終了したそう。
聞くとなかなか苦労が耐えない生活をしている。
そして、久々に栄養価の高い食事を色々と食べて良かった。

1013-2.jpg


またNobuとRisaが住んでいるアコモにタダで泊まらせてもらった。
もちろん施設も使わせて頂く。
本当にありがたい。やはり持つべきものはなによりも友だと思う。
打ち上げ後、こちらのアコモでの飲み会にも参加させてもらう。

夜1時頃就寝。

本日の走行距離:361Km


1013-3.jpg

メロンファームの打ち上げパーティー光景


10/14(sun)
Katherine day2


この日はNobu、Risa、Mihoと共に、Nitmiluk Natonal Park(Katherine渓谷)に行った。
ここでのメインの目的はカヌー。
10時半頃到着するも、午前9時と午後1時からでないとカヌーができない為、
しばらく待つことに。

1014-1.jpg


そして午後1時になり早速カヌーに挑戦。
初めのうちはまったく前に進まず。
右にいったり左に行ったり。
他の人達に置いていかれる。
しかし30分もすれば慣れてくる。
二人乗りのカヌーは息が合っていないとうまく進んでくれない。

1014-2.jpg


Nobu、Risa夫婦のボードを横目で眺めつつ。
第一渓谷まで到着。
ここでは泳ぐことができるのだが、あいにく海パンをはいて来なかった、無念。
足だけ浸かって適当にその辺を散歩。
なかなかのいい景色だった。

1014-3.jpg


そして復路。
腕がパンパンになって漕ぐ気がうせる。
しんどいながらも川の流れにのりながらバテバテになって戻る。
しかし行きより30分以上早く戻れた。
意外な!

そして夕方Katherineに戻る。
夕飯を作るのが面倒だねということになり、
この街一番の中華、「シャンハイ」に食べにいった。
こっちにきてまともに食べる初めての中華だったが、
地元の人が勧めるだけあってかなり美味しかった。
オーストラリアに来てもこんな味の中華が食べられるなんてかなりすばらしい。

1014-4.jpg


ぐったりだったので、11時前にはとっとと寝る。


1014-5.jpg

Katherine NP 第一渓谷にて


10/15(Mon) Katherine - Kakadu National Park

この日から金曜まで、NobuとRisaと三人でKakaduとDarwinを一緒に回ることになった。
たまたま彼らとのオフ日と重なったのでジョイントすることに。

Katherine市内で、食料、キャンピング用品を買出しした後、出発。
相変わらずすんごい暑い中、約1時間半後Kakadu到着。
この国立公園、四国並みの大きさ。
見所見所の移動距離もかなりあって大変。
オーストラリア、どうやって四国並みの公園を管理するのさ?

1015-1.jpg


適当な展望台をプラプラした後、まずは今日の宿泊地、Yellow Waterに向う。
道沿いに10mばかりある蟻塚がある。
何年かけてここまでの大きさになるのだろう?
実は蟻って偉大なのかも。

1015-2.jpg


そしてYellow Water到着。
チェックイン後、船着場まで散策。
ワニに注意という看板があったので、見れたらラッキーだなぐらいの気持ちでいたら、
ウジャウジャいた。
野生のワニがこんなにいるもんだとは露知らず。
当たり前にいるワニにケンモホロロにされて帰る。

1015-3.jpg


夕食はカレーと鳥汁(豚汁の代わり)のWメインメニュー。
滅茶苦茶美味しかった。
キャンプの定番料理だと納得。
でも同じ具なのに、カレーと味噌だと全く趣が違くなる。

1015-4.jpg


明日は5時半起きで早朝Yellow Waterボートツアーに行くので、
10時半には就寝。

本日の走行距離:267Km


1015-5.jpg

Yellow Water, Kakadu NP, NT


10/16(tue)
Kakadu NP day2


真夜中の3時。
壮絶な大雨で起こされる。
横殴りの風でテントが揺さぶられる。
テントが浮いてきて浸水しはじめたので、電子機器をもって車に移動。
Northern Territoryでは雨もあろえないぐらいビッグサイズだ。
当然ほとんど眠れなかった。

そして朝6:45からのYellow Waterのリバークルーズに出向く。
つらい。眠い。
クルーズ中はかなりボケっとしていたが、
桁違いな色々な野鳥がいて結構すごかった。
なんせ今までの生涯のバードウォッチングの総時間が1時間ぐらいの自分が、
ここで2時間堪能できたぐらいなのだから。
もう一生分の野鳥をここで見たかも。

1016-1.jpg


1016-2.jpg


1016-3.jpg


そしてKakaduで唯一の街らしい町Jabiruに到着。
あまり期待していなかったが、本当に町だった。
普通に生活できる。
ここで昼飯を食べて、ちょっと休憩。

UbirrのApologiny Artに行く。
その途中で、South Alligator riverによったら、
ワニがうようよしている川で魚釣りしているおっさんの光景が面白かった。

1016-4.jpg


まずは壁画見学。
興味深い絵がいっぱい。
が悲しいかな絵心はそんなにないので講釈できず。
へぇー、しか言えない。寂しい。

1016-6.jpg


途中、すごい岩、面白い形の岩を見のーの、

1016-5.jpg


そして地球の歩き方にはサラッとした感じで書き流しされていたが、
Ubirrの展望台は絶景。
あまりの美しさに息を呑む。
しばらくここの地から離れられなかった。
"The Spirit of The Land"
という名称だが、名前負けしないすごい力を持った景色が広がっていた。

1016-7.jpg


1016-8.jpg


1016-9.jpg


そして宿泊するためにJabiruに戻る。
ここののLakeview ParkのYHAはお勧め。
バンガローに宿泊するのだが、
この設備の良さと綺麗さで、一人当たりの宿泊費$27は破格だと思う。

1016-10.jpg


夜は日記の更新のために12時まで頑張るもそこで力尽きる。

本日の走行距離:165Km


1016-11.jpg

Ubirr, Kakadu NP, NT
スポンサーサイト
  1. 2007/11/01(木) 17:39:05|
  2. 旅行記 AUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Kakadu snap | ホーム | Uluru snap>>

コメント

壮大ね~っ!

 旅行の真髄に迫ってきてるね。   こころの旅。

そろそろ言葉で表現するのも つかれてきたんジャンか?

Take it easy,mate!

  1. URL |
  2. 2007/11/02(金) 16:26:49 |
  3. みっちょんV3 #-
  4. [ 編集]

生きてるね~!

壁画に悠久の命を感じる。
素晴らしい!!

  1. URL |
  2. 2007/11/03(土) 10:20:34 |
  3. jun #-
  4. [ 編集]

>みっちょんV3
本当そう思います。
すごい場所がいっぱいあるので、少し食傷気味。

>junさん
ご無沙汰しています。
生きてます、精一杯に。
色々なことを経験、吸収していると。
ようやくこれで自分も大人になれるのではないかと思います。
  1. URL |
  2. 2007/11/06(火) 02:41:13 |
  3. moonwatcher #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moonwatcher.blog80.fc2.com/tb.php/66-f3383e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moonwatcher

Author:moonwatcher
気がついてみたらドロップアウト。
1年4ヶ月間、オーストラリア・ニュージーランド放浪をし、日本へ帰国。
さあ、明日はどこに行こう?

感謝のお便りは:esesplash@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。