WANDERING IN DOWN UNDER

moonwatcher's dialy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気分だけでも「聖地巡礼」

大体いつもゴールデンウィーク(と言っても日本で過ごすのは久々だけど)は
近場でのんびりすることにしているのだが、
昨日は恵比寿の写真展と映画館に行ってきた。

現在、東京都写真美術館で開催されている、野町和嘉さんの「聖地巡礼」という写真展。
野町さんは既にもう巨匠の域にかかっている人だが、
まだまだ作品意欲往生の人で、世界の聖地をカメラを持って駆け回っている。
そんな野町さんの40年間の作品群の中から厳選したプリントを展示しているのが今回の展覧会。
いや、すごい作品ばかりで、拝見中はずっと唸っていた。
うまい。って、プロなんだから当たり前なんだけど。
見ていると、心がわしづかみにされる感覚だろうか。
もうすぐにでも全てをほっぽりかして、
ガンジス川のほとりか、チベットに行きたくなった。
真に旅心をユサユサと揺さぶられてしまった。
まっ、いつか行くことになると思うけど。

写真展の後、ガーデンシネマで見た「ホノカアボーイ」もなかなかグッド。
主人公はヘタレだけど。


野町和嘉写真展「聖地巡礼」
場所:東京都写真美術館 5月17日(日)まで
http://www.syabi.com/details/nomachi.html


「ホノカアボーイ」
配給:東宝 出演:岡田将生、倍賞千恵子、ほか
http://www.honokaa-boy.jp/


nk-homepage.jpg
また野町さんのHPはこちらへ http://www.nomachi.com/
スポンサーサイト
  1. 2009/05/05(火) 03:31:39|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<お祭りの風景 | ホーム | 「ミックス」より「つぶやき」>>

コメント

あしあと

なんか関係ない話(気に入らなければ消してくらはい)。

ここしばらく、中古CDの数がじわりじわりと増えている気がする。CDのよく売れた90年代後半の人がCDを投げているのかなぁ。昨今はネットでいろいろ手に入るから、引っ越すだのなんだので、
流れてゆくのかもねぇ。

Rank拾いました。なかなか入らなかったけど、これもまた、流れてきた。結構いろいろ値崩れしていて、Blur "Blur" なんかも500円切ったのでひろいました。Yes "Fragile" も流れてきた。Rebecca なんかも、去年あたりは全然見なかったのにときどき見るようになりました。坂本龍一の未来派野郎がでていたときには、さすがにちょっとびっくりした。

膨大な中古CDを前に、かつていろいろな音楽を聞きたくて、でもCDを買えなかった頃を思い出しました。昨今のCDの吐き捨てられぶりを見ていると、人気のなくなった商店街のお店で、誰も見向きもしなくなった玩具をぽつんと眺めているような気分になります。

いろいろな人がいろいろなものをつくって、いろいろなものを捨てていきました。昔の昭和の香りのする町なんて、素敵ですね。東南アジアのほうが、実は、そういうのがあるのかもね。


  1. URL |
  2. 2009/05/30(土) 18:31:50 |
  3. makinoyuji #-
  4. [ 編集]

あしあと

インド、ですか。チベット、ですか。いつかいくだろう、ですか。

(またまた、駄文)

宮本輝の小説に、「人間のなんたるかをすでに4000年前に経験した中国に、共産主義とはお笑いごとじゃ」、とかいう意味のくだりの文章があるのですが(ちょっと不正確かも)、ふと、人間は進歩も進化もしなくてもかまわないような気が、ときどきするのです。別に生物学的な淘汰の歴史を否定するつもりはないのだけれど、現代社会にあって、経済を回さなければならないようなところから来る「忙しさ」とか「進歩」とかいうものが、ともすれば宗教的に立ち回っている気がしなくもありません。モリシーの自殺したファンへの言葉ではないけれど、「幸福な絵」を何枚か自分の中に描ければ人生はそれでいいような気もします。

インドも世界経済と無縁ではいられないでしょうが、山際のドミトリーにはまだ何かが残っているかもしれないですね。そうだとすれば、それは素敵なコトかもしれませんねぇ。



  1. URL |
  2. 2009/05/30(土) 18:48:04 |
  3. makinoyuji #-
  4. [ 編集]

>makinoyuji
古いものがアンティークとして価値がある存在になれるのは希少価値があるもの。
ほとんどが廃れ新しいものがもてはやされるのは宿命なのです。
大量生産品はただ賞味期限が切れるということになるのでしょうが、
ただそれでは割り切れない思い入れがあるものに人それぞれが価値を見出すのでしょう。

人間は進化はしているが進歩はしていないと思います。
言い換えるのなら時間と共に変体しているということのような。
時間的に進むということで知識が積み重なるということ。
それが幸福がどうかは、もう既にほとんどの人間が分かっていると思いますが。
学問・知識の進化で人間の寿命が延び、人口も爆発的に増えている昨今ですが、
その分新しい問題が出現している。
出口のない迷路をグルグル回っているみたいですね。
あっちを解決したらこっちの問題が出てきたような。
そうやって人間は時間を費やすのでしょう。
人生なんて暇つぶしなんですから。
  1. URL |
  2. 2009/07/20(月) 03:36:46 |
  3. moonwatcher #D7EUdaRo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moonwatcher.blog80.fc2.com/tb.php/155-1133cd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moonwatcher

Author:moonwatcher
気がついてみたらドロップアウト。
1年4ヶ月間、オーストラリア・ニュージーランド放浪をし、日本へ帰国。
さあ、明日はどこに行こう?

感謝のお便りは:esesplash@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。