WANDERING IN DOWN UNDER

moonwatcher's dialy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気分だけでも「聖地巡礼」

大体いつもゴールデンウィーク(と言っても日本で過ごすのは久々だけど)は
近場でのんびりすることにしているのだが、
昨日は恵比寿の写真展と映画館に行ってきた。

現在、東京都写真美術館で開催されている、野町和嘉さんの「聖地巡礼」という写真展。
野町さんは既にもう巨匠の域にかかっている人だが、
まだまだ作品意欲往生の人で、世界の聖地をカメラを持って駆け回っている。
そんな野町さんの40年間の作品群の中から厳選したプリントを展示しているのが今回の展覧会。
いや、すごい作品ばかりで、拝見中はずっと唸っていた。
うまい。って、プロなんだから当たり前なんだけど。
見ていると、心がわしづかみにされる感覚だろうか。
もうすぐにでも全てをほっぽりかして、
ガンジス川のほとりか、チベットに行きたくなった。
真に旅心をユサユサと揺さぶられてしまった。
まっ、いつか行くことになると思うけど。

写真展の後、ガーデンシネマで見た「ホノカアボーイ」もなかなかグッド。
主人公はヘタレだけど。


野町和嘉写真展「聖地巡礼」
場所:東京都写真美術館 5月17日(日)まで
http://www.syabi.com/details/nomachi.html


「ホノカアボーイ」
配給:東宝 出演:岡田将生、倍賞千恵子、ほか
http://www.honokaa-boy.jp/


nk-homepage.jpg
また野町さんのHPはこちらへ http://www.nomachi.com/
スポンサーサイト
  1. 2009/05/05(火) 03:31:39|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「ミックス」より「つぶやき」

Twitterのアカウントを作成した。

簡単に中身を見た感じだと、どうやら既存のSNSより楽だし面白そうである。
MIXIより、はるかにゆる~い感じのコミューンがいい。
MIXIの、人の日記を見たら必ずコメント残せみたいな不問率がちょっと嫌だったので、
そんなことは全く無いTwitterのほうが自分にはあっているかも。
また140文字しか入力できないのもお手頃でいいし。

アメリカでは選挙中にオバマが投稿して話題になったそうだし、
今話題のモルドバの革命はTwitterでの書き込みから発展したんだそうな。
近々、日本でも話題をかっさらうサイトだと思うので、興味がある方はお試しあれ。

自分のアカウント名が知りたい方は連絡ちょうだい。


Twitter
http://twitter.com


twitter
ぱっと見かなり気に入った。近々MIXIよりTwitterへ完全移行もあるかも
  1. 2009/04/12(日) 23:52:01|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーストラリアを象徴する物干し

オーストラリアにいた間、洗濯物を干す時に、
四角い傘みたいな形をした物干し台が気になっていた。
なんだか新型のVHFアンテナのような見た目で、
風が吹くとクルクル回るのが面白く、よく眺めていたのだが、
とあるブログを読んでいたらこの「クルクル物干し」が紹介されていて、
「ああ、これだ」と、長い間の疑問が解けすっきりした。


hills hoist3



なんでもこれ、"hills hoist"というらしい。
第二次世界大戦後、Lance Hill(ランス・ヒル)なるアデレードの発明家が、
庭の木に張った洗濯ヒモに洗濯物を干すのに難儀をしていた奥さんの姿をヒントに、
開発をし始めたとの事であるが、発売されると大ヒット。
次第にオーストラリア、ニュージーランドの邸宅で広く使われるようになった。
そして現在、この"hills hoist"なる物干しは、
政府公認のオーストラリアの「イコン」とまでに成長したのである。
(ところで、↑こういう言い方をするのが本当好きな国だよね)

久々の"Down Under"がらみの小ネタでした。


hills hoist2
オーストラリア邸宅のイコン"hills hoist"、使ってみるといっぱい干せるので重宝した。
  1. 2009/02/05(木) 00:02:39|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

何も考えない

毎年、お正月にはお参りに行く。
まあ去年は南の果てのタスマニアにいたので出来なかったのだけれども…
タスマニアにも神仏はあるのだろうか?
さて、実家は横浜市にあるのだが裏山を越えるとそこはもう鎌倉という所なので、
やはり参拝には鎌倉まで行く。
この辺に住んでいる人はハイキングがてら歩いていく人がよくいるのだが、
横着してバスと電車。
まあ1時間もかからない。
鎌倉駅を出ると普段では見かけないぐらいの人出で、
人ごみが苦手な自分は思いっきり不快になるのですぐに裏道へ。
鶴岡八幡宮(正式な読み方は「つるがおかはちまんぐう」、"つるおか"ではない)は
正月三が日、恐怖に慄くほどの大群衆なので地元民は全くのスルー。
ちょっとはずれた、絵柄天神社や鎌倉宮の方に行く。
今年は正月から考えさせられることがあり、何をお参りしようか大いに迷った。
いざ賽銭箱の前に立っても何も思いつかなく、
結局、心の中は無心状態のままだった。
去る者に対する哀悼の意は、言葉はいらないのかもしれない。

そんなふうにして2009年の元旦を迎えました。
明けましておめでとうございます。
今年も色々とある事でしょうが、どうぞよろしくお願いいたします。


tsurugaoka-shrine.jpg
写真は真夏の鶴岡八幡宮にある奉納酒。フランス人の団体さんがいたのだがやはり興味津々の様子
  1. 2009/01/06(火) 23:36:23|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ヒゲと美女

異国の地で色々とお世話になったこの二人。
(なのでお返しにお節介をしてあげてしまった気がしないでもない、うん??)
再び南半球にある、あの暑い彼の地へと昨日旅立った彼と彼女なのだ。
自分が行っていた時期に比べて、
為替レートが約半分と本当にふざけた状態なこの時期をきちんと選ぶとは、
君達、なかなかの先見の明で。
そしてちらちらと見ていると、相も変わらずという感じでなんとやら…、である。
とにかく、幸運を祈っております。



Haneda Airport にて
  1. 2008/11/06(木) 00:03:19|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

中華、後、ハーレー

久々に石川町の中華街に行った。
何年ぶりだろう?
5年ぶりぐらい?
近所にある名所というものにあまり行かないのは万国共通らしい。
門を抜けてしばらくヒョコヒョコと歩いていると、
後ろから羽交い絞め。
そこには久々に見るゴツイ顔の友達がいた。

お約束のスターバックスで近況報告を2、3時間ほど。
馬鹿話が8割ぐらい。
残りの2割は、人生って長いよね、ということ。

中国風の麺が平べったいラーメンを食べ、
お土産に露店の甘栗を買い、彼のバイクに乗っけてもらい帰宅。
初めて乗るハーレー・ダビッドソンは1450cc。
これって、フィットやビィッツよりも排気量があるんだ。
最初は恐ろしいと思いビクビクしながら跨っていたが、
すぐに安定性があることがわかる。
うん、原付JOGとは格段に違う(当たり前だけど)。
海辺の国道を走りながら、この日から急に冷え込んできた風にあたった。
ツーンと張り詰める空気が顔を引き締め気持ちいい。
こういう空気感は好きだ。



chuka-1.jpg



chuka-2.jpg



chuka-3.jpg



chuka-4.jpg



chuka-5.jpg



そしてT.Sさん、やれることは全部やること!!
  1. 2008/09/29(月) 02:16:30|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初体験だ!

久しぶりの更新。
パソコンのアダプターから火を噴いた件は、
ソニーのお店でアダプターを買って復活。
でも$130の出費は痛い。

最近ちょっと雨ばかり。
で、暇をしてるのもなんなので、ちょっと遊び心で髪に色を染めてみた。
今まで髪を加工(脱色とか毛染とかということね)した事が無く、
初体験でドキドキなんかしたり。
友達に色々と手伝ってもらい赤毛にしてみる。
鏡で見ると、「ウワ、あけ~」というぐらいに染まりました。
悪くは無いかなと思うけど、人から見るとどうなんだろう?

こうやって、どんどんと日本社会からずれてゆく水無月の頃です。


hair colour

初めはオレンジにしてみたけどあまり染まっていなく次の日レッドに。見て分かるぐらいの染まり具合
  1. 2008/06/01(日) 21:28:44|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

命の保障はプライスレス

オーストラリアという国には車検が無い。
全て自己責任というわけでもないが、
基本的には自分の事は自分の責任でやりましょうというお国柄。
なので車も、「ある程度の距離を走ったら自分で点検しに行ってね」というスタンスになる。
国が定めている点検の目処は、5000kmと10000km。
ということで、今乗っている車を点検してもらう事にした。
ただこの車、まともにいつ点検したかが分からない。
前の所有者曰く、
「5000km点検はしたんだけど…」
と言っていたけど、時期が定かではなく、証拠なんかあるはずもない。
だから、どうせ点検するなら全部見てもらおうということで、10000km点検をお願いした。
点検に出したお店はMAXIMORE(マキシモア)。
ゴールドコーストで車を利用する日本人だったら知らない人はいないと思う。

点検開始約45分後、整備士さん曰く、
「こんなんじゃ、どこにもいけないっすよ」
タイヤが3本丸坊主でいつバーストしてもおかしくない、
両方のリアタイヤのブレーキオイルが漏れている、
こいつらは必須で直さないと相当ヤバイらしい。
でも、修理金額が$600、$700ぐらいかかると言われショックは隠しきれず。
高いなーと思いつつも、タイヤ、ブレーキ系の問題はクリティカルなので、
しょうがないから交換することにした。
またパワーステアリングベルトというものがあるらしいのだが、
これも非常に劣化していて、今にも切れそうとの事。
当然切れたら走行不能。なのでこれも交換することに。
占めて$704。
ああー。た、高い…。

でも他人と自分の生命を奪うかもしれないリスクは冒したくない。
お金で買えない価値があるので、
買える物はマスターカードで支払いを済ます。


TOYOTA CAMRY

1989年製、走行距離21万kmのトヨタ・カムリ。日本じゃこんな車はお目にかかれない
  1. 2007/07/30(月) 21:42:42|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

自転車とさようなら

先日、自転車を売った。
ゴールドコーストに来て一番最初に買ったものは自転車。
色々な思い出となるような事をこの自転車と共に過ごしたっけ。
語学学校に行っていた時は、毎朝海岸沿いの道をこの自転車で通った。
朝日を浴び横目でエメラルド色の海を眺めながら自転車で走る。
今まで夢に憧れていたような光景そのままだった。
安物だったが、使い込むうちにそれなりと愛着が出てくるもの。
売り手に渡す時は、ちょっと切ない気分になった。
今度の持ち主も色々な思い出ができるんだろうな、きっと。


広告用写真

愛車だった自転車、約5ヶ月間の間一緒に過ごす


broad beach

海岸沿いの道。朝、自転車をこいでいると本当に気持ちよかった
  1. 2007/07/28(土) 16:51:20|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自販機に裏切られ3回

どうしてもコーラが飲みたくなったので、
自販機に¢50を2枚入れてみた。
すると硬貨を入れた事を認識しない。
キャンセルボタンを押したが¢50も戻ってこない。
ウンともスンとも言わないのだ。
「ああ、まただ」
オーストラリアに来てから自販機のトラブルはこれで3回目。

1度目、
ポテトチップスの自販機があったのだが、
きちんとお金を入れて該当の商品のボタンを押したにも関わらず、
商品が出てこず。

2度目、
オーストラリアのカジノでは、
POKIEという一種のスロットマシーンみたいなものがあるのだが、
これに$2硬貨を入れたところ詰まった。


というわけで結論。オーストラリアの自販機は質が悪い。
この国の自販機はもう金輪際使わないことにした。
たとえ面倒くさくてもお店で買ったら100%確実に商品が買えるからね。


OASIS自販機

このOASIS SHOPPING CENTREにある自販機でとどめを刺された
  1. 2007/07/27(金) 12:18:26|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

moonwatcher

Author:moonwatcher
気がついてみたらドロップアウト。
1年4ヶ月間、オーストラリア・ニュージーランド放浪をし、日本へ帰国。
さあ、明日はどこに行こう?

感謝のお便りは:esesplash@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。